親子でハゼ釣り
10月9日、恒例となった「親子のハゼ釣り」を実施しました。秋とはいえ、少し暑くなりましたが、好天の中、130名が集いました。
今年は、ハゼのサイズもやや大きく、また数もたくさん上がり、竜田揚げを皆さん試食されました。お出かけいただいたみなさんありがとうございました。


リサイクルステーションの点検
9月29日、リサイクルステーションの見回りを環境保全推進員さんと松江二中の職場体験の二人が参加して、実施しました。
公民館を出発して、学園一丁目から、学園南とまわりました。途中、道路に落ちているゴミを拾いながら移動しましたが、生垣に空き缶など隠すように捨てられているのを見つけ、二人の中学生からもゴミの扱いについて
「ゴミのない街を」という声が出ていました。


街美化’29
街美化ウォークが開催されました。9月30日、城東地区は、町内6か所をスタートし、子どもから大人まで、120名の参加がありました。
秋晴れの天気の中、松江城に向けて、道路歩道を中心に、ゴミを拾いながら歩きました。8時半には大手前に到着し、ビンゴゲームも行われました。たくさんの方々に参加いただきありがとうございました。


3世代グラウンドゴルフ大会
恒例のグラウンドゴルフ大会を行いました。9月23日、県立プール跡地を会場に、親子、寿会の皆さんにより、賑やかな大会となりました。
一打でゴールに入る「ホールインワン」(とまりというのだそうですが)が、続出する大会となりました。ベテランの方の腕前に、感心させられましたが、子どもたちも次第に技術が上がり、とても嬉しそうでした。準備など寿会の皆さんに大変お世話になりました。


島根銀行見学
9月22日、新しくなった島根銀行本店に、健康福祉部の計画で、見学に出かけました。以前は、東本町にあった本店でしたが、朝日町に移転しました。
 20数名の見学者でしたが、日ごろ見ることのできない銀行の内部や、屋上からの市内の景観など堪能させていただきました。


秋の交通安全週間

秋の交通安全週間に合わせ、21日、くにびき大橋において一斉PR活動を行いました。城東地区からもたくさんの方にお出かけいただき、通勤、通学する皆さんへ、そして、行き来する車にPRいたしました。ご協力ありがとうございました。

チャイルド
チャイルドくらぶは、様々な取り組みを続けてきています。9月20日には、「シジミ」のつかみ取りを体験しました。

宍道湖のシジミを取る体験には、まだまだ小さい子どもたちですが、お母さんといっしょに、シジミ取りをし、後でおいしいみそ汁もいただきました。



松江だんだん夏踊り17
松江だんだん夏踊りが開催されました。各公民館地区から踊りを中心に参加されましたが、城東地区は、「イライラ棒」のゲームコーナーと、バルーンアートのコーナーで「夏踊り」を盛り上げました。
バルーンアートのコーナーでは、10時ごろから小さな子供たちがやってきて、カラフルなバルーンの動物や、お花など作っていました。中には、みんなでかぶとのようなバルーンを作る大人の方たちもおられ、相乗以上の賑わいに、大忙しのスタッフでした。
イライラ棒のコーナーでは、さっそく松浦市長さんも挨拶に来られ、イライラ棒に触れておられました。今回、中学生、大学生のボランティアさんの協力が得られませんでしたので、中西会長さんをはじめとした地域の方に、大変ご協力をいただきました。


夏祭り

7月29日、城東夏祭りを開催しました。天候の変化にハラハラしながらも無事に祭りがスタートしました。13時過ぎには、カヌー体験の親子が集まってきました。恒例のイベントになってきました。

16:30からオープニング。A☆STEPさんの切れの良いダンスから始まりました。今年は、城東保育所の皆さんの出演もあり、新たに祭りの応援者ができました。


夏祭りⅡ

夕方から天候もよくなり、例年の熱い夕日の夏祭りとなりました。人手も賑やかで、あちこちで売り子さんの声がしました。中学生・高校生のボランティアのお手伝いにも助けられます。

お店も様々出ましたが、男性の料理教室からの出店「サザエごはん」も飛ぶように売れていました。
今年は、島根大学の学生さんが、午前中から参加で、アートバルーンやサイコロゲームのお店も開いてくれ、終盤の盆踊りにも参加してくれ、祭りに一層のパワーを与えてくれました。
 皆様ご協力、来館ありがとうございました。


健康祭
7月10日、専門部健康福祉部主催の「健康祭」を実施しました。今年度もたくさんの方々にお出かけいただきました。血圧や骨粗しょう症などの測定をし、健康相談も受けておられたようです。寿会や民生委員さん、地区ボランティアの方と多くのスタッフのお力も得て行うことができました。
例年の健康診断に加え、松江警察署の協力で、安全な道路横断のシミュレーション体験や、ソフトビジネスパークより、高齢者の認知測定ソフトゲーム「良寛さん」体験など、多方面の検査体験のコーナーもあり、午後の兼折さんのコンサート終了まで、賑やかな1日となりました。


合同社会見学
6月27日、28日、白潟公民館の人権部の皆さんと、城東公民館文化部で公募した皆さんで、四国へ社会見学に出かけました。鳴門市にある賀川豊彦記念館と、ドイツ人俘虜収容所の人権視察研修から始まりました。
2日目は、鳴門市の大塚国際美術館に出かけました。世界各地にある美術館の名画や壁画などを陶板で再現した作品が、1000点以上展示されているところです。
9時30分の開館をを待っていた皆さんは、3時間の短い見学時間をフルに使って、館内を散策しておられました。いささか、足も痛くなった様子の方もいらっしゃいましたが、館内の作品の素晴らしさに感嘆しておられました。
鳴門海峡大橋を越え、NHKの連続ドラマの背景として使用された「あわじ花さじき」も、立ち寄り、両公民館参加者の交流も深まった社会見学となりました。


男の料理教室(29)
6月6日、男の料理教室が行われました。門脇 繁氏を講師に、鯛の煮付けや卵豆腐などでき上がったようです。
口コミからでしょうか、男性に加えて、女性の希望者も多くあり、「女性の料理教室」開催の希望も出てまいりました。


市民憲章表彰式
6月8日、松江市市民憲章推進協議会総会が行われました。ここで、善行者表彰が行われました。瀧野喜恵子さんが、長年の茶道の伝承者として、表彰を受けられました。
同じく、山本正利さんが、米子町の公園の美化活動により表彰を受けられました。お二人の長年のご尽力に、改めて、心より感謝申し上げたいと思います。


城東保育所との花植え
5月29日、環境保全推進員さんは、城東保育所の子どもたちとの交流も兼ねて、花植え出かけました
城東保育所は、以前米子町にあったのですが、移転して今は、学園1丁目にあります。城東地区の皆さんとの交流が少なくなっていることから、城東地区の皆さんと交流を願っておられました。これからもよろしくお願いします。


親子カヌー教室(幼児)
5月27日、恒例の「親子カヌー体験」~幼児を中心として~を開催しました。今年度は、20数名の島根大学学生さんの協力があり、大変助かりました。。
幼児を中心に集ったカヌー体験でしたが、時間がたつにつれ、一人で乗ってみたいという幼児から、お父さん、お母さんまででてきて、例年以上の盛況ぶりでした。
天候にも恵まれ、幼児から、学生、そして、お父さん、お母さん、ちょっぴり高齢のの方までと、みんなが参加体験する事業となりました。次回は、7月末の「城東公民館夏祭り」で・・・・


母衣幼稚園の花植え

5月26日、母衣幼稚園のお母さん方と、城東地区環境保全推進員さん、地域の方で、幼稚園の花植えを行いました。

この日は地域の皆さんへ、ゴーヤの苗を配布する日でした。幼稚園のお母さん方にも手伝ってもらい、ゴーヤの苗の配布を待っていた地域の皆さんへ、午後から配布も行いました。お世話になりました。


青パト隊
4月18日、母衣小学校1年生との顔合わせと、青パト隊の出発式を行いました。1年生にとっては、緊張の学校生活が始まります。
地域安全推進員さんや民生委員さん、地域の皆さんの見守りの協力で、安全な生活が遅れることを願っています。
母衣小学校生活厚生部さんとの顔合わせ会

4月12日、母衣小学校生活厚生部の皆さんと、地区地域安全推進員さんとの顔合わせ会がありました。例年行っている会で、「子ども110番の家」についてのお話と、地域の見守りについてお願いをいたしました。一緒になって、安全なまちづくりを進めていければと願っての会でした。

防災視察研修会
3月3日、4日に、山口市小鯖地区へ防災視察研修に出かけました。城東地区町内会自治会、城東地区社会福祉協議会、公民館運営協議会の合同事業で、防災研修を行ったものです。
小鯖地区の被害にあった方や、防災士、地区代表の方、10数名の方々の手厚い研修会の企画に、頭の下がる思いでした。「被害者になるより、支援者になれ」を合言葉に、防災の取り組みを続けておられました。今年度も松江市の防災課の協力も得て、防災視察研修が実施できました。


中央ブロック市民学習発表会28


厳島神社(秋の社会見学)
10月13日、総務部主催の秋の社会見学で、世界遺産「厳島神社」に出かけました。穏やかな秋の日となったこの日、修学旅行生や、海外からの見学者とともに、宮島に到着しました。
宮島に出かけるのは初めてという方もいらっしゃり、潮の満ち引きのある厳島神社をまじかに感じる見学となりました。その後、中国酒造の見学も加え、夕刻まで社会見学を堪能した27名でした。