パンくずリスト
  • ホーム
  • 投稿者 : softteniss

投稿者:softteniss

記事一覧

エクアド実践日記~絞り込んだ中古ドメインを精査する

エクアド実践日記

昨日は環境設定編で設定したツールやサイトの一つを使い、期限切れのドメインを確認しましたが、エクアドの第2のキモである中古ドメイン探しで最初に作業したことは、アルファベットで記載されたツール名の読み方をググるという、まさかの「中学英語の復習」でした。

エクアドで必須のツール名は「なにかの暗号?」

エクアドで必須のツール名は今まで全く見たことがなく、英語がニガテな私にとっては「なにかの暗号?」としか思えなかったほど。すぐに「ツール名 読み方」でググり、無事に暗号が解読できました(笑)

エクアドの中古ドメイン探しで使用するツールとサイトは計3つ。1つめは中古ドメインがリスト化されている無料サイト、2つめは中古ドメインが過去にどのように運用されていたのかを確認できるツール、3つめは被リンクの内容を確認できるツールです。

まずは中古ドメインがリスト化されている無料サイトで、数十万あった中古ドメインリストを、教材の内容に沿って数万まで絞り込みました。ここから2つめ、3つめのツールを使い、ドメインを精査していきました。

教材の10ページめには中古ドメインを精査するにあたって、必ず確認する3つのポイントが記載されています。そして、なんと英男さんが実際にドメインを選定する作業の流れを画像キャプチャと一緒に詳しく解説してくださっているので、メチャメチャわかりやすい!

運用当時のサイト状況が手に取るようにわかります

詳しい教材のおかげで中古ドメインを精査する一連の流れが理解できたので、とりあえず1つのサイトをツールを使い確認してみました。

中古ドメインの過去の運用履歴が丸裸に

ビックリしました。。エゲツないくらいに丸裸になるんです、このツールを使うと。今は運用されていないサイトなのに運用当時のサイト状況が一目瞭然。画像、コンテンツ、被リンクの状況も丸わかりです。

自分が過去に捨てたドメインも、こんな風に丸裸にされているかもしれないと思うと、恥ずかしいのと同時にちょっと怖くなりました。

が、このエゲツない作業が今後とっても重要になるので、明日からは絞り込んだ中古ドメインサイトをどんどんピックアップ⇒精査していきます。

エクアド実践日記~初めての中古ドメイン探しが始まる

エクアド実践日記

エクアドの「稼ぐ思考」にまだまだ追いつけていない状態ではありますが、なんとかお手本ブログリストの送信まで完了した先週1週間。英男さんからいただいた返信メールの内容は「少し基準を下げて探しましょう!」とのことでした。ああ、やっぱり。自分でも「これは違うかな…」と思いつつ探すことに疲れて果て、妥協したまま提出してしまいました。英男さん、全部まるっとお見通しだ!(by トリック・山田奈緒子)

エクアドの第2のキモである「中古ドメイン探し」を開始!

引き続き、基準を下げたお手本ブログを探しつつ、エクアドの第2のキモである中古ドメイン探しに突入。正直に告白すると「ああ、やっと別の作業ができる…!」という開放感と、初めてのお使い…いや中古ドメイン探しができるドキドキ感で、中古ドメイン探しが楽しみで仕方ありませんでした。

もちろん本来は基準を満たすブログを探し出せることが大前提です。お手本ブログを探しをする中で気づいたことは、探し出すことも大事だけれども、探し出すまでのプロセスも同じくらい重要なんだということ。

「このブログは基準を満たすかな?」というブログを1つ1つチェックしていく中で、エクアドの基準を全く満たさないブログでも「このブログは広告がよくクリックされているな」、「滞在時間がメッチャ長いな」、「訪問者数が右肩上がりで伸びているな」というブログがたくさんあることがわかりました。

お手本ブログ探しは私にとって「お宝探し」だったのかもしれません。

中古ドメイン探しはメチャメチャ楽しい!

さてエクアドの第2のキモである中古ドメイン探しは「へえー、中古ドメインってこういうふうに探していくんだ…!」ということがわかり、メチャメチャ楽しく作業ができました(まだ先は長いですが)。

エクアドで中古ドメインを使う理由は、ブログへのアクセススピードが新規ドメインとは比較にならないほど早いからだそうです(※中古ドメインの選び方、使い方によるらしいです)

エクアドなら中古ドメインの取得が初めての方でも安心のサポートがついています。それはマニュアルに沿った中古ドメインを複数個選定した後、英男さんがエクアド運営に最も適した中古ドメインを絞り込んでくれるというもの。それだけ中古ドメイン探しは重要だということですよね。

エクアド・中古ドメイン選定編
ドメインの奥深さがよーくわかります

中古ドメイン探しは全くの初心者の私でも、マニュアルをよーく読んで進めていけば、探す事自体はなんとかできそうです(※エクアド運営に適しているドメインかどうかは別として)。

この段階では「環境設定編」で頑張って登録したツールやサイトを使います。どのような基準でドメインを選べばいいのか、OK例やNG例も詳しく解説されているから大丈夫です。全てが「なるほどなあ」ということばかり。

余談ですが、リビングのテーブルでパソコンを広げて登録を進めていたとき、どうやら無意識に独り言を言っていたらしく、隣で「あつ森」をやっていた娘から「お母さん、大丈夫!?ずーっと独り言しゃべってるよ!」と指摘が入りました。そのくらい「へえーーー!」、「ほおーーーう!」な内容でした(笑)

とりあえず今日はマニュアルの9ページまで進み、中古ドメインの絞り込み(数十万⇒数万へ)までできました。明日以降は登録したツールでドメインの精査に入ります。

エクアド実践日記~エクアド購入者通信は気づきがいっぱい!

エクアド実践日記

エクアドを購入すると定期的に英男さんから「エクアド購入者通信」というメールが配信されます。「今こんなことでつまづいていませんか?」、「ここで立ち止まっていませんか?」、「作業報告が滞ってしまい、ちょっと気まずくありませんか?」。あれ!どこかで私の作業を見られてる!?って思うくらいの内容で「困った、わからない、つまづいている…」の対処法を英男さん節で的確に答えてくださっています。

エクアド実践前の段階で苦戦している方は多い

例えば、7月2日に配信された「エクアド購入者通信」の一部ですが、赤丸で囲んである部分はエクアドを実践する前にやっておかないといけない作業(環境設定編)です。

教材を読みながら順を追って設定している「つもり」でも、「あれ?教材とサイトの画像が違う…」ということがあり「このまま登録してもいいのだろうか、登録してしまって大丈夫なのだろうか…」という不安から手が止まってしまったことがありました。

確かにエクアド実践前の環境設定編は画像とテキストでとても詳しい内容になっているのですが、初めて目にするツールの名前がずらっと並んでいて、正直理解が難しいところもありました(※登録できてしまえば、こんなにあっけなくできるんだというツールばかりです)。

エクアドは自分で考えて解決する努力をすれば自分の力になる

しかし英男さんのメールにもあるように「自分で考えて解決する努力」をしないことは「自分の思考が停止してしまう」ことなのだと改めて気づきました。

わからないことをできるだけ自分で調べてみる⇒自分の力になる! ですね。

7月11日はエクアド・オンラインお茶会

今日開催される、エクアド購入者さん限定・オンラインお茶会は昼13時~、夜21:30~の2部制で行われるとのこと。今日、昼は学校の保護者会、夜はライター案件の打ち合わせがありちょっと参加できないのですが、エクアドを実践している上でわからないこと、つまづいていること、不安なこと、心配なことなどをざっくばらんに質問できるとのことなので、もし次回あれば参加してみよう!

エクアド実践日記~なんとか「お手本ブログ」探しが一段落

エクアド実践日記

エクアドのキモである「お手本ブログ」探しは、今までやってきた作業で一番大変だったような気がします。「稼げない思考に陥っている」という現実を突きつけられ、数年前、Googleアップデート前にアドセンスで稼げていたころとは、何もかも違うということを認識することも、なかなか受け入れられませんでした。

どんなに頑張ってパソコンに向かっていても、どーにもならないときはソーシャルディスタンスを保ちつつ、近くのカフェで本を読んだり、エクアドの教材を読んだりしています。

ソーシャルディスタンスでエクアドの勉強

エクアドのキモ「お手本ブログ」をなんとか探しだした

とりあえず、ホントにとりあえずですがお手本ブログを探し出し、環境設定編で登録を済ませておいたツールにお手本ブログを設定しました。また作業シートに探しだしたブログやその他のデータをまとめ、英男さんに報告を完了。

若干基準を全然満たしていないブログもありましたが「おや?このブログはどうしてこんなに数値がいいのだろう。」という、別の意味でお手本にしたいブログもいくつか見つけられるようになりました。

最初は休日丸一日検索し続けても1個も見つからなかったブログが、最近は一日に数個見つけられるようになったのは、ほんの少し「稼げる思考」に近づけた証かなと、ちょっとだけ自分を褒めてあげよう。うん。

エクアド実践日記、ライター案件の下書きは「NanaTerry」が便利!

朝、旦那と娘のお弁当作りを終えてから出勤準備をするまでの20分、エクアド実践日記の下書きを書いています。下書きには昨日何を考え、どんな作業をしたのか、今日は何をするのかをざっとまとめて、アウトラインプロセッサ「NanaTerry」にどんどん書き込んでいきます。

NanaTerryは10年くらい愛用しているかなと思います(いつ頃から使い始めたか覚えてない…)。

このエクアド実践日記の下書きも「NanaTerry」、ライター案件も全て「NanaTerry」にまとめてます。

マインドマップもいろいろ使ってみましたが、結局「NanaTerry」に戻ってきてしまうという(笑)

ただ「NanaTerry」は、たまーに「え!?データが保存されてない!?」という背筋がサムくなる事態が起こることもあるので、下書きが終わったとき、下書きが一段落したときなど、こまめに「上書き保存」か「名前をつけて保存」をしておくことをオススメします。