エクアド実践日記~「このクエリの検索パフォーマンス」ってなに?

今日気づいたのですが、スマホからエクアドの中古ドメインで作ったブログが検索されているキーワードでググると「このクエリの検索パフォーマンス」という表示がドンと出ます(自分にのみ表示されると書いてあります)。

そこにはそのキーワードで表示されたときの「クリック数」、「表示回数」、「平均掲載順位」などと一緒に「改善する方法を確認」という項目まで記載されていました。

↓モザイクばっかりですが、こんな感じです

該当キーワードでのクリック数、表示回数、平均掲載順位
このクエリの検索パフォーマンスってなに?

「このクエリの検索パフォーマンス」は現在の検索状況のことらしい

「このクエリの検索パフォーマンス」は該当キーワードで検索したときの、おおまかな検索状況のことらしいです。

クリック数、表示回数などの下にある「改善する方法を確認」って気になりますよね。早速クリックしてみると、この情報の使い方を確認できるページへのリンクが貼ってありました。

リンクをクリックすると「最も重視しているクエリでの掲載結果を改善できます」とのこと。ますます気になります!クリックしてみると下記画像のような内容が表示されました。

「グーグルでサイトを見つけやくする」ってエクアド教材の内容とリンクしてる!

クリックした先の「グーグルでサイトを見つけやくする」をよーく読んでみると、エクアド教材で解説されていることとリンクする内容だ!ということに気づきました。

エクアドは「グーグルでサイトを見つけやくする」の内容を、具体的な作業に落とし込んでいるというイメージと考えてもらうと、わかりやすいかも。

この「グーグルでサイトを見つけやくする」を読んで、このままエクアドを進めていけば大丈夫という安心感を持てました。

よし!それなら「グーグルでサイトを見つけやくしてもらおうじゃないの!」ということで、グーグルサーチコンソールから、テコ入れしてみたいキーワードを選んでみました。

今回選んだキーワードは「マキタ 修理 ホームセンター」。

ではエクアドで学んていることを活かしながら、どこまでテコ入れできるかこれから試していきます。

↓本日現在のCTRは「7.1%」。これを10~20%台にまで持っていってみたいなあ。

グーグルサーチコンソールから「マキタ 修理 ホームセンター」を検索
「マキタ 修理 ホームセンター」で試してみます

goodkeywordで「マキタ 修理 ホームセンター」を検索

キーワード検索ツール「goodkeyword」で「マキタ 修理 ホームセンター」を検索してみます。

↓関連キーワードが4件見つかりました。この4件のキーワードのボリュームを「キーワードプランナー」でチェックします。

goodkeyword「マキタ 修理 ホームセンター」で検索

キーワードプランナーで「マキタ 修理 ホームセンター」の関連キーワードでチェック

キーワードプランナーで「マキタ 修理 ホームセンター」の関連キーワードでチェックすると、さらに関連キーワードが出てきました。エクアド基準でOKなキーワードもいくつかありますね。いい感じです!

キーワードプランナーで「マキタ 修理 ホームセンター」を検索

「マキタ 修理 ホームセンター」関連キーワードで検索ボリュームが大きいものを「お宝キーワード判定ツール」で検索

検索、検索でワケがわからなくなってきちゃいますね。でもここでしっかりとキーワードを深堀りしておくと、記事構成、記事作成で迷わずに進めます。

「マキタ 修理 ホームセンター」関連キーワードで検索ボリュームが大きいものを「お宝キーワード判定ツール」で検索します。

モザイクばかりで申し訳ありません。。今回もバッチリお宝キーワードが見つかりました!中にはタイトルにキーワードが全く含まれていないものもあったりして、かなり穴場のキーワードかもしれません。

関連キーワードをお宝キーワード判定ツールで検索

「マキタ 修理 ホームセンター」からのお宝キーワード拾い出し&記事タイトル&見出し案の作成

このお宝キーワード拾い出し&記事タイトル&見出し案の作成は一気に進めてしまうのがおすすめです。「明日でいいや」って思ってしまうと、たぶんズルズルとやらなくなってしまいそうなので、頑張って構成まで考えます!

グーグルサーチコンソールで「マキタ 修理 ホームセンター」のキーワード、関連キーワードで一定の検索、ボリュームがあるということはわかっているので、あとは訪問者さんの気持ち、行動に寄り添った記事を作成するだけ(ここが一番難しく手が止まってしまうところかも…)

お宝キーワードはnanaterryでざっくりと「タイトル用」、「見出し用」に色分けします。私の場合、赤がタイトル用青が見出し用にしています。

お宝キーワードがどんどん増えていくので、色分けできるテキストエディタを使うと、エクアド作業の効率が上がりますよ。

お宝キーワードはnanaterryでタイトル用と見出し用に色分け
あくまでも「ざっくりと」というのがポイント

「マキタ 修理 ホームセンター」記事のタイトル、見出しがざっくりと決まったら訪問者の検索意図を想像

さて、ここからが本番です。「マキタ 修理 ホームセンター」記事のタイトル、見出しがざっくりと決まったら訪問者の検索意図を、気持ち悪がられるくらいに想像しまくります(笑)。

「マキタ 修理 ホームセンター」で検索した訪問者さんは、どんな気持ちで、何を求めて検索したのだろう。。

「マキタの掃除機、インパクトドライバー、ドリルドライバー、エアコンプレッサーが壊れちゃったのかな、何が壊れたんだろう、どのくらい壊れたんだろう、動かないのかな、音がスゴイのかな、故障箇所はスイッチかな、アマチュアかな、工具を落としちゃったのかな、自分で直すのかな、修理に出したいのかな…」という感じで妄想が止まりません!ここでもブレインダンプしまくりです。

お宝キーワードから連想できることは全て出し切ります(ここではパソコンに入力)。

「マキタ 修理 ホームセンター」から想像した一例は「マキタの掃除機や工具が故障してしまったけど、ホームセンターで修理を依頼できるのかどうかを知りたい。」な感じでしょうか。

もちろん答えは一つではなく、想像の域を超えませんが、お宝キーワードをじーっと眺めていると、キーワードを打ち込んでいる訪問者さんの気持ち、解消したい悩み、不安などがだんだんと見えてきます

そして悩みを解消できる記事構成を見出しキーワードから組み立てて、見出しごとに記事を作っていきます

今日は構成までできたので、見出しごとの記事は明日また続けます!