エクアド実践日記~数行でも、1ツイートでもいいから日々続けていこう

エクアド実践日記 - アドセンス
この記事は約 3 分で読めます

いきなり言い訳から始める日記になるとは…。かなり凹んでいます。。

 

 

今週はECサイト運営業務が忙しすぎて、全くエクアド作業に手を付けることができませんでした。

 

 

「平日はエクアド実践日記をできるだけ毎日更新する!」と決めてからコンスタントに更新をしてきたのですが、今週の忙しさは尋常じゃなく、休日返上で仕事をこなしても追いつきませんでした。

 

 

木曜になって、やっと明日の準備まで終わらせて帰宅できたという有様です。

 

 

読みたい項目へジャンプ

楽天アフィリエイト・アマゾンアソシエイトは毎日成果が

 

 

エクアド関連の作業が全くできないままでも、楽天アフィリエイト、アマゾンアソシエイト、アドセンスはコツコツと日々成果が出ていました。

 

 

記事の追加、修正など一切せず、これだけ売れてくれているのはエクアド教材に沿って作業をしておいたからだと思います。

 

 

過去7日間のサマリーです。

 

 

アソシエイト・セントラル - レポート - 2021年4月8日

 

 

今週みたいな怒涛の日々がまたやってくるかもしれないと思うと、ちょっとの時間でもエクアド作業、Twitter更新ができるように事前準備が必要だと、本当に思い知らされました。

 

 

他の人はできているのに、どうして自分はできないの…?

 

 

今日はなんとかエクアド実践日記を書ける時間が少しできたのですが、書けなかった時間、Twitterから離れてしまった時間が長すぎて、Twitterに関してはログインするのがすごく怖くなってしまいました。

 

 

「怖い」。この表現が一番合っているかもしれません。

 

 

他の人は忙しい中でも時間を作ってTwitterやエクアドを頑張っているのに、どうして自分はできないのだろう…と、入り続けるお問い合わせや注文に対応しながら、涙が滲んできたのには自分でもビックリです(事務所に誰もいなかったのは幸いでした)。

 

 

「え!?なんで泣いてるの?」と余計な勘ぐりをされるのもイヤですからね(笑)

 

 

ついていけなくなるんじゃないか、見放されてしまうんじゃないかという怖さ

 

 

今、Twitterは順調にフォロワーを増やしている方々を見るのがすごく怖いです。

 

 

自分のダメさを突きつけられること、時間を管理できずにうまく進められないこと、他にやることが有りすぎてどうしていいかわからないこと…、もう怖いことだらけです。

 

 

間が空いてしまうと、気持ちにもぽっかり穴が空いてしまうんだなあ。これが続くとフェードアウトという流れになるんだろうなあ。

 

 

エクアドやTwitterは「自分のペース」を鬼厳守して継続していくしかない

 

 

私の本業はECサイト運営業務です。今現在、エクアドやTwitterは本業ではありません。どうしても本業の対応が最優先になり、エクアドやTwitterが二の次になってしまうという悪循環にハマっています。

 

 

こうなると、気持ちも悪循環です。凹むと「本業さえなければ…」と思うこともしばしば。

 

 

本業があるからこそエクアドやTwitterに取り組めるのに…。感謝の気持ちを忘れてしまうくらい、心に余裕がないってことです。

 

 

こうして日記を書いていると、自分の考えが整理できるんですよね。ダメなところ、ネガティブなところ、後ろ向きなところ(意味は一緒か)、全部ひっくるめて今の自分なんですよね。

 

 

数行でも、1ツイートでもいいから毎日続ける大切さを知った

 

 

エクアドは私にとって「何も売らないアフィリエイト」に次ぐバイブル的な教材ですし、Twitterも掛け合わせて取り組んでいきますが、こんなに良い教材を持っていても、取り組む時間や心の余裕がなくなると、一気に気持ちが離れてしまうという怖さを今回思い知りました。

 

 

継続は力なりをモットーにしてるくせに、継続できてないじゃん。なーにやってんだかなあ。。

 

 

今日、日記を書いて少し気持ちを立て直せたので、数行でも、1ツイートでもいいから日々続けていこう。正しい方法で毎日続ければ必ず成果が出るんだもの。

 

 

そろそろ娘と旦那が帰ってくるぞー。夕飯の準備だー。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック
トラックバックURL