エクアド実践日記~初めての中古ドメイン探しが始まる

2020年9月4日

エクアドの「稼ぐ思考」にまだまだ追いつけていない状態ではありますが、なんとかお手本ブログリストの送信まで完了した先週1週間。英男さんからいただいた返信メールの内容は「少し基準を下げて探しましょう!」とのことでした。ああ、やっぱり。自分でも「これは違うかな…」と思いつつ探すことに疲れて果て、妥協したまま提出してしまいました。英男さん、全部まるっとお見通しだ!(by トリック・山田奈緒子)

エクアドの第2のキモである「中古ドメイン探し」を開始!

引き続き、基準を下げたお手本ブログを探しつつ、エクアドの第2のキモである中古ドメイン探しに突入。正直に告白すると「ああ、やっと別の作業ができる…!」という開放感と、初めてのお使い…いや中古ドメイン探しができるドキドキ感で、中古ドメイン探しが楽しみで仕方ありませんでした。

もちろん本来は基準を満たすブログを探し出せることが大前提です。お手本ブログを探しをする中で気づいたことは、探し出すことも大事だけれども、探し出すまでのプロセスも同じくらい重要なんだということ。

「このブログは基準を満たすかな?」というブログを1つ1つチェックしていく中で、エクアドの基準を全く満たさないブログでも「このブログは広告がよくクリックされているな」、「滞在時間がメッチャ長いな」、「訪問者数が右肩上がりで伸びているな」というブログがたくさんあることがわかりました。

お手本ブログ探しは私にとって「お宝探し」だったのかもしれません。

中古ドメイン探しはメチャメチャ楽しい!

さてエクアドの第2のキモである中古ドメイン探しは「へえー、中古ドメインってこういうふうに探していくんだ…!」ということがわかり、メチャメチャ楽しく作業ができました(まだ先は長いですが)。

エクアドで中古ドメインを使う理由は、ブログへのアクセススピードが新規ドメインとは比較にならないほど早いからだそうです(※中古ドメインの選び方、使い方によるらしいです)

エクアドなら中古ドメインの取得が初めての方でも安心のサポートがついています。それはマニュアルに沿った中古ドメインを複数個選定した後、英男さんがエクアド運営に最も適した中古ドメインを絞り込んでくれるというもの。それだけ中古ドメイン探しは重要だということですよね。

エクアド・中古ドメイン選定編
ドメインの奥深さがよーくわかります

中古ドメイン探しは全くの初心者の私でも、マニュアルをよーく読んで進めていけば、探す事自体はなんとかできそうです(※エクアド運営に適しているドメインかどうかは別として)。

この段階では「環境設定編」で頑張って登録したツールやサイトを使います。どのような基準でドメインを選べばいいのか、OK例やNG例も詳しく解説されているから大丈夫です。全てが「なるほどなあ」ということばかり。

余談ですが、リビングのテーブルでパソコンを広げて登録を進めていたとき、どうやら無意識に独り言を言っていたらしく、隣で「あつ森」をやっていた娘から「お母さん、大丈夫!?ずーっと独り言しゃべってるよ!」と指摘が入りました。そのくらい「へえーーー!」、「ほおーーーう!」な内容でした(笑)

とりあえず今日はマニュアルの9ページまで進み、中古ドメインの絞り込み(数十万⇒数万へ)までできました。明日以降は登録したツールでドメインの精査に入ります。